スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
恐怖の体験記
2013 / 06 / 14 ( Fri ) 11:30:48
今回のお仕事は「和菓子」
「新潟・長野展」で長野の老舗「桜井甘精堂」の「くりあげまんじゅう」
かりんとう饅頭のような感じで、皮がかりっとしていて美味しいおまんじゅうでした。

何より、業者さんが「爽やか!」
28歳独身。物腰が柔らかくて、気遣いも細やか。
学生時代から野球をいまだに続けているスポーツマン。
広島に入った初日に「ズームズームスタジアム」に行き、カープの試合を観戦したとのこと。
まずは、野球談議で盛り上がり・・・・
あまりの爽やかさに「独身?」「彼女は?」「広島に骨を埋める気持ちは無い?」と質問攻め。
いやいや、勘違いの無いように。
私が狙っているのは、娘婿のポジションに。
こんな息子、いいなぁ・・・


そんなこんなでお仕事も終わり、
忘れてしまいたかった「親不知」の抜歯に行くことになつたのです。
「根が深いから痛い」「一週間は顔が腫れる」「引っ張っても抜けないと歯茎を切る」とか・・・
周りの皆は世にも恐ろしい情報を色々入れてくれるし・・・
あー、何とか無かった事にならないかしらん。

そしてそして、いよいよ当日。
例の「キーン」という音が鳴り響く診察室に入り、例のライトがまぶしいイスに座りました。
いよいよ年貢の納め時です。

麻酔をいっぱい打ちました。唇が「いかりや長介」になったに違いないと思った頃に先生が

「もし、抜けづらかったら、切らなくてはいけなくなるかもしれないですけど大丈夫?」

「いやいや、大丈夫じゃないです。」

「あはは・・・・^_^;、まあ、やってみましょう。」

「ちょっと引っ張ってみますね。あら、動く、いけるかも、抜けた

「へっ?もう抜けた?」

「はい、もう抜けました。」

「へっ?もう終わりですか?」

「はい、もう終わりです。」

「へっ?すっごい覚悟してきたんですけど、もう終わりですか?」

「はい、もう抜けましたから」

あれだけ悩んだのに、所要時間3秒
なんだよー!いやいや、ありがたい。
先生に感謝。根性の無い親不知に感謝。でした。

親不知


抜けた親不知は、記念に貰って帰りました。





ブログランキングに参加しています。まめちゃんは親不知生えないの?「ポチッ」

        ↓      


にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村

ママのつぶやき TB:0 コメント:0 admin page top↑
* ホーム *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://rumiko0323.bbs.fc2.com/?templatepreview=607