スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
モンスター・ピープル
2014 / 09 / 26 ( Fri ) 01:42:15
働いてます。頑張ってます。
しかし・・・この仕事、辞めようかと悩んでます。
なぜなら、心がやさぐれてきてます。
マネキン仲間の合言葉は「やさぐれて来るよねぇ・・・」です。

いろいろな商品を販売しますが、「試食販売」というのがほとんどです。
お味をみて貰って、お口に合えば買って下さいね。というのが試食販売。
しかし、勘違いしている奴ら・・・いえ、お客様方が多くおられます。

チーズケーキの試食販売をしていたときのこと。。。
「チーズケーキですよ、お味見どうぞ」と手渡したケーキを食べたお客様の一言
「あたし、チーズケーキ嫌いなのよ!」
「あっ、そうなんですか、それは失礼しました、お客様。」
(だったら食うなよ!)


またまた別のお客様。手渡したケーキをほおばり
「あっ、チーズケーキ食べれないんだった」
(食ってんじゃねーかよ!)


素麺の試食販売でのこと。。。
「素麺です。どうぞ」
「そうめん?そばでしょ?」「黒ゴマが入った素麺です。」
「それで黒いの?そばかと思った。」
「うん、美味しいそばじゃねー」
「素麺なんですよ」
「素麺!そばみたいなねー」
「黒ゴマが入ってるんでこんな色なんですよ」
「ほー、それでか。珍しいねぇ、もう一杯食べさせて。美味しいよ。」
「ありがとうございます。今日はお買得になってるんでいかがですか?」
「そうよねー。美味しいもんねぇ。わたし、そば好きなんよ」
「そうですか。これは素麺ですけどね」
「あー、そうそう素麺よね。美味しいねー」
「是非、いかがですか?」
「あー、美味しかった。そば好きなんよー。またね」と去っていくお客様。
(素麺じゃっちゅうねん!何でも一緒やろー!麻ひもでも食ってろ!)



40代と思われる父親と小学生低学年の兄弟。
「食べさせて下さい。」と子供。「はいはい、どうぞ」
子供たちに試食を渡すと父親が一言
「ここで食べてなさい。ちょっと服見てくるから」と小走りに去っていく。
(ここは託児所ではないのですよ、お客様。(ʘдʘ╬))


「素麺じゃー。お腹空いたから食べていこー。ちょうだい」
(ここは食堂ではないのですよ、お客様。)


一人に渡すと次々に人が集まり試食の行列が出来る。
並んで試食を手渡されると、それを持って去って行く。
(ここは配給所ではないのですよ、お客様)


試食を食べた子供。「もう一杯食べたい~」と母親に言う。
「貰いなさい。」と母親。
(お代わりが食べたいなら、お家で食べさせてあげて下さいね、お母様)


物産展の中を一周回って試食を食べまくったカップル。
「おー、素麺じゃ。シメは素麺食って帰ろうやー」
(シメさせてたまるか!)


最悪なのはこんな母と子。
朝一で現れて素麺とうどんの試食を食べて
「今から用事があるから、済ませて後で寄りますね」
「はい、お待ちしてます」
こんなセリフで帰ってきたためしはないので期待してなかったけど、
午後から本当に戻ってきた。
「来ました~」
「あっ、有難うございます。お待ちしてました」
「子どもがまた食べたいって言うので」
とまたまた試食を食べた。そして・・・・
「じゃ、有難う」と言って帰って行った。
(はい~???いったいどんな子供に育つのか・・・他人事ながら心配です。



コロッケの販売をしていた時の事。これは試食はないので結構気楽にやってました。
相方さんの前に30代前半と思われる女性が現れました。
両手に有名ブランドの紙袋をいくつもぶらさげたいかにもセレブな女性。
「これとこれをセットにして」とコロッケを二つ指差した。
相方さんは聞き取りにくかったのか確認のためか
「これとこれですか?」と聞き返した。するとその女性
「だからこれとこれって言ったじゃないの!もういいわ」と去って行った。
口あんぐりの相方さん。
すると数メートル行って戻ってきた女性。
相方さんの目の前に立ち
「あなた頭悪いの?これとこれって言ったわよね。」
「はぁ・・・・・」
「もういい!〇〇さぁ~ん。」と百貨店の物産展の責任者の名前を甘ったるい声で呼びながら去って行った。
相方さんと無言で見つめ合って口あんぐりの二人でした。
(私はこの百貨店の上得意さまなのよ。フン)って声が聞こえてきたような気がしました。
ため息です。

こんな女性でした。

image_20140926012535422.jpg


25歳の相方さん。
「あー、怒られたー。クレームが来たらどうしよう。あー、やってしまったー」と繰り返してる。
私とメーカーさんでしきりに慰める。
「あれはお客様がワガママなだけだら、気にすることないよ」と繰り返して。
そして5分後
きっと気にしてるだろうと思い気を使ったメーカーさんが相方さんに念押しした。
「ホントにもう気にしなくていいからね、大丈夫だから」
すると相方さん・・・
「何がですか?」とのたもうた。
あー、現代っ子ってこれだもんなぁ。



そんな日々です。
ねっ・・・心がやさぐれてくるでしょ?
スポンサーサイト

ママのつぶやき TB:0 コメント:2 admin page top↑
<<★新種のかりんとう * ホーム * ★がんばれ!がんばれ!>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

*Comment Thank you*
comment
 

お疲れさんi-199

ただの体の疲れならすぐに回復もするけど、心のやさぐれはしんどいねi-230
ずっと働き続けだったし、ちょっと休んで心の休養が必要なんじゃない?

なんなら滝に打たれに行くのもいいかもしれない。
あ、私は残念ながら付きあえませんけどi-229
by: こひつじ * 2014/09/26 15:30 * URL [ *編集] * page top↑
  こひつじさん

一緒に滝に打たれに行きましょーよー。
心、折れ折れですわ。
しかし、朝晩と日中の気温の差・・・
たまりませんねー。
鼻タレです。身体に気を付けましょうねー。
by: 豆大福 * 2014/09/30 12:05 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://rumiko0323.blog.fc2.com/tb.php/484-90eaf27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* ホーム *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://rumiko0323.bbs.fc2.com/?templatepreview=607