スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
★孫トラベルのサプライズ
2011 / 08 / 09 ( Tue ) 02:32:43
「孫トラベル社」から、旅の当選通知が母に届いた。

【この度、日頃の感謝の意を込め、当社が企画いたしました
  「一泊二日・宮島 包ケ浦ケビンの旅」に貴殿がご当選されました。
  参加費は無料。送迎付き】


「孫トラベル」とは、我が家の娘2人と姉の息子の三人で考え出した、架空の会社であり、
旅の企画は、三人が計画した「大好きなお婆ちゃんへのプレゼント」なのだ。


宮島のケビン宿泊は、子供たちがヨチヨチ歩きの時から、毎年二回の恒例行事となっていた。
しかし、子供たちもだんだんと大きくなり、忙しくなってくると、休みも合わず、
恒例行事はいつのまにか立ち消えとなっていた。
なので、宮島のケビンは、私たちにとっては至極、懐かしい場所なのである。


孫トラベル通知




かくして、日本三景 安芸の宮島(厳島神社)への旅が15年ぶりに実現することとなった。


 安芸の宮島  海の中にそびえ立つ、大鳥居。




ちなみに、旦那様がた&まめ&さばは、欠席です。

留守番



姉は仕事の関係で夜から合流。まずは、女4人で乾杯


まずは乾杯  ケビン・・


CIMG2941.jpg  一口  

とても人懐っこい鹿たちです。


口から口へ・  鹿②


実は、この旅にはサプライズ企画がオプションで付いているのだった。
それは・・・・・

姉の息子は東京の会社で働いているので、なかなか帰ってくることもままならず、
お婆ちゃんとは長いこと、逢っていなかった。
そこで、久々の出会いをより感動的なものにしようと計画されたのが


「突然の帰広しかも・・・鹿」大作戦である。

その全貌はこうだ!

今回の旅の参加者は、母と姉と私と娘2人の5人という設定。
しかし、実際には前日から姉の息子は東京から帰ってきていた。
私たちが、宮島に一足先に到着し、盛り上がっている時間に、仕事を終えた姉が来る。
実は、息子も一緒に来ているのだが、その時点ではまだ母には内緒。
暫く息子にはどこかに隠れていて貰って、まずは姉が私たちと合流。
「乾杯!」と世間話でひとしきり盛り上がったところへ、鹿のお面を被った息子が
外からサッシのガラスを「コンコン!」と叩く。

「こんな時間にいったい何?」と私たちが演技をしつつ、サッシを見ると、
鹿のお面が行ったり来たり・・・
「鹿だ!鹿が来た!」と騒いでいると、鹿がドアを開けて入ってきて「こんばんは~」
「あらぁ!なんであんたがここにいるのぉ?」と母が驚き、喜ぶ。



計画通りにまずは母と私と娘たちと四人が盛り上がっているところに、
島に到着したと姉から連絡が入った。
「姉を迎えに行ってくる」と母に言い、外にでて姉と息子と最終打ち合わせ。
タイミングをみて携帯でワン切りするので、それを合図に出てくる予定。

姉と乾杯し、そろそろ良い頃合いか・・・ワン切り。

息子が計画通りに鹿のお面をかぶり、サッシを外から「コンコン!」

CIMG3072.jpg

サッシに背を向けて座っていた母は、振り返り、サッシの外で鹿らしく演技する息子をみてひと言・・

「気持ち悪い~

しかも、お面をはずして入ってきた息子に暫く気づかず・・・・・・
怪しい奴・・・・という目。
しばしの沈黙の後・・・「え~、どしたん!帰ってきたん?わー、きゃー」



実は、予定外の事だったのだけど、この日宿泊するケビンの前の広場では、
「SANDANCE 2011」というダンス大会が開催されていて、
ヒップホップ・レゲエ・ラテン・・などなどの音楽がガンガンに流れており、
外国の方々も沢山参加されていたのである。

母としては、息子がサッシの外でウロウロしているのを見たときに、
女ばかりの宿泊なので、羽目を外した変な若者がからかいに来たのだと勘違いしたようだ。
なので、実際に怖くて、頭の中では「どうしようか?警察に電話しようか?大声を出そうか?」
などと、色々な思いを巡らせていたらしい。

かくして、サプライズは大成功に終わり、何度もその話題で笑わせて貰った。
娘なんて、ボロボロ涙をこぼしながら笑いこけていた。
まさか、母がここまでのリアクションをしてくれるなんて、想定外の大成功。
あ~、楽しかった。


大成功



メインのサプライズの大成功に盛り上がった私たちの眠気は吹っ飛び、
その後「花火大会」「かき氷大会」「麻雀大会」と朝まで遊んだ。


CIMG3026.jpg かきごおり CIMG3056.jpg


3時間の睡眠をとった私たちは、改装オープンしたばかりの「みやじマリン」という水族館に行った。
その後、商店街を散策し、名物の「カキフライ」と「アナゴ飯」を食し、
定番のお土産「もみじまんじゅう」を購入して、岐路に着いた。楽しい二日間だった。


ウミガメ 名物 もみじまんじゅう



息子・娘たちのおかげで、少しは親孝行させて貰えたかな。
みんな、ありがとねぇ。



こんなサプライズがなくても、広島はいい所ですので、是非皆様もお越しくださいませ。
お待ちしております。


     鹿のあいさつ 

ながながとお付き合い頂き、ありがとうございました。m(__)m





にほんブログ村 犬ブログへ   にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ


ブログランキングに参加中です。
広島に興味を持って頂いた方、もしくは、このサプライズに合格点を頂ける方は、
二つのバナーを一回ずつ、「ポチッ」「ポチッ」と押してね。


スポンサーサイト

ママのつぶやき TB:0 コメント:2 admin page top↑
<<★付き合い方を考えさせて頂きます。 * ホーム * 安芸の宮島の夜は更けて>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

*Comment Thank you*
comment
 

なるほど~広島行ってみたくなります。おみやげはやはりもみじ饅頭ね。行くときはこちらに聞けば美味しいお店情報もゲットできそう。
by: テンパー * 2011/08/09 06:28 * URL [ *編集] * page top↑
  テンパーさん

是非ぜひ、いらして下さいな。
お土産は、やっぱり「もみじまんじゅう」で決まりですね。
名物に美味い物なし!という格言を覆す、とても美味しいおまんじゅうです。

来られる時には、ひと声かけてね。
なんなら、ご案内役を引き受けますよぉ。
by: 豆大福 * 2011/08/09 22:08 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://rumiko0323.blog.fc2.com/tb.php/60-c9dd3f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* ホーム *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://rumiko0323.bbs.fc2.com/?templatepreview=607